コンビーズWEBサービスのサポート

アット・コンビーズヘルプセンター » どうぐばコン » ご利用について » JavaScript(ジャバスクリプト)について

どうぐばコン

JavaScript(ジャバスクリプト)について

当サイトでは、快適にご利用いただけるように、JavaScript(ジャバスクリプト)を有効にして
ご利用になることをおすすめします。

JavaScriptを有効にする手順は下記の通りです。
お使いのOSとブラウザに該当する項目をクリックしてご覧ください。


Windows

Internet Explorer 4.x


Internet Explorer 5.x


Internet Explorer 5.5、および6.x


Internet Explorer 7


Netscape Navigator/Communicator 4.x


Netscape 7.x


Firefox 1.5


Macintosh

Internet Explorer 5.x


Netscape Navigator/Communicator 4.x


Netscape 7.x


Firefox 1.5


Safari 2.0


--------------------------------------------------------------------------------

 

Windows版Internet Explorer 4.xの設定方法

1.Internet Explorerのメニューバーで「表示」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「インターネットオプション」をクリックします。


3.「セキュリティ」をクリックします。


4.「ゾーン」欄をクリックして、「インターネットゾーン」を選び、
  「このゾーンのセキュリティレベル」で、「中」をクリックします。


   ※以下の方法でも可能です。

   (1) 「このゾーンのセキュリティレベル」欄で、「カスタム」をクリックしてから、
      「設定」ボタンを押します。

   (2) 「セキュリティ設定」内の「スクリプト」にある、「アクティブスクリプト」と
      「Javaアプレットのスクリプト」 で、「有効にする」を選択し、「OK」ボタンを押します。


5.「OK」ボタンを押します。


6.「インターネットオプション」に戻るので、さらに「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------

 

Windows版Internet Explorer 5.xの設定方法

1.Internet Explorerのメニューバーで「ツール」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「インターネットオプション」をクリックします。


3.「セキュリティ」をクリックします。


4.「Webコンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する」欄で、
  「インターネット」(地球マーク)をクリックして選択します。


5.「このゾーンのセキュリティレベル」に表示されているスライダのつまみをドラッグして、
  レベルを「中」に設定します。
  スライダが表示されていないときは、「標準レベル」ボタンを押すと表示されます。


  ※以下の方法でも可能です。

  (1) 「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、「セキュリティの設定」画面を表示します。

  (2) 「スクリプト」項目の、「Javaアプレットのスクリプト」、「アクティブスクリプト」、
     「スクリプトによる貼り付け処理の許可」の項目で、それぞれ「有効にする」に
     チェックを入れます。

  (3) 「OK」を押すと、「このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?」
     という警告が表示されるので、「はい」を押します。


6.「OK」ボタンを押します。


7.「インターネットオプション」に戻るので、さらに「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------

 

Windows版Internet Explorer 5.5、および6.xの設定方法

1.Internet Explorerのメニューバーで「ツール」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「インターネットオプション」をクリックします。


3.「セキュリティ」をクリックします。


4.「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、
  「既定のレベル」ボタンを押します。
  ボタンが押せない場合はすでに「既定のレベル」が選択されているので、手順5. に進みます。


  ※以下の方法でも可能です。

  (1) 「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、「セキュリティの設定」を表示します。

  (2) 「スクリプト」項目の、「Javaアプレットのスクリプト」、「アクティブスクリプト」、
     「スクリプトによる貼り付け処理の許可」の項目で、それぞれ「有効にする」を選びます。

  (3) 「OK」を押すと、「このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?」
     という警告が表示されるので、「はい」を押します。


5.「インターネットオプション」に戻るので、「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------

 

Windows版Internet Explorer 7の設定方法

Internet Explorerのメニューバーで「ツール」をクリックします。


1.表示されるメニューから、「インターネットオプション」をクリックします。


2.「セキュリティ」をクリックします。


3.「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、
  「既定のレベル」ボタンを押します。
  ボタンが押せない場合はすでに「既定のレベル」が選択されているので、手順5. に進みます。

  ※以下の方法でも可能です。

  (1) 「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、
     「セキュリティの設定 - インターネットゾーン」を表示します。

  (2) 「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」「アクティブスクリプト」
     「スクリプトによる貼り付け処理の許可」で、それぞれ「有効にする」を選びます。

  (3) 「OK」を押すと、「このゾーンの設定を変更しますか?」という警告が表示されるので、
     「はい」を押します。


4.「インターネットオプション」に戻るので、「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------

 

Windows版Netscape Navigator/Communicator 4.xの設定方法

1.Netscapeのメニューバーで「編集」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「設定」をクリックします。


3.「設定」から「詳細」をクリックします。


4.「詳細」で、「Javaを有効にする」「JavaScriptを有効にする」
  「スタイルシートを有効にする」にチェックを入れます。


5.「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------

 

Windows版Netscape 7.xの設定方法

1.Netscapeのメニューバーの「編集」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「設定」をクリックします。


3.「設定」から「詳細」をダブルクリックします。


4.表示されるメニューから、「スクリプトとプラグイン」をクリックします。


5.「スクリプトとプラグイン」画面で、「JavaScriptを有効にする」の欄にある
  「Navigator」にチェックを入れます。
   その下にあるチェック欄にも、すべてチェックを入れます。


6.「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------


Windows版Firefox 1.5の設定方法

1.メニューバーの「ツール」をクリックし、表示されるメニューで「オプション」を選択します。


2.オプション画面が表示されるので、「コンテンツ」をクリックします。


3.「Javaを有効にする」、「JavaScriptを有効にする」にそれぞれチェックを入れて、
  「OK」ボタンを押します。

--------------------------------------------------------------------------------

 

Macintosh版Internet Explorer 5.xの設定方法

1.Internet Explorerのメニューバーの「編集」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「初期設定」をクリックします。


3.「Webブラウザ」-「セキュリティゾーンをクリックします。


4.「セキュリティゾーン」で、インターネットゾーンを選び、
  「セキュリティレベル」で「中」をクリックします。

  ※以下の方法でも可能です。

  (1) 「カスタム」ボタンを押して、「決定」ボタンを押します。

  (2) 「ActiveXコントロールとプラグイン」で、「コントロールを初期化し、スクリプトを実行」
     「コントロールとプラグインを実行」「スクリプトの実行」で、それぞれ有効にチェックを入れます。


5.「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------

 

Macintosh版Netscape Navigator/Communicator 4.xの設定方法

1.Netscapeのメニューバーで「編集」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「設定」をクリックします。


3.「設定」から「詳細」をクリックします。


4.「詳細」で、「Javaを有効にする」「JavaScriptを有効にする」
  「スタイルシートを有効にする」にチェックを入れます。


5.「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------

 

Macintosh版Netscape 7.xの設定方法

1.Netscapeのメニューバーで「編集」をクリックします。


2.表示されるメニューから、「設定」をクリックします。


3.「設定」から「詳細」をダブルクリックします。


4.表示されるメニューから、「スクリプトとプラグイン」をクリックします。


5.「スクリプトとプラグイン」の「JavaScriptを有効にする」欄の、
  「Navigator」にチェックを入れます。
  その下にある「スクリプトに許可する動作」(Netscape7.0xの場合、「Webページを許可する」)
  にある、すべての項目にもチェックを入れます。


6.「OK」ボタンを押します。


--------------------------------------------------------------------------------


Macintosh版Firefox 1.5の設定方法

1.メニューの「Firefox」をクリックし、「環境設定」を選択します。


2.「コンテンツ」をクリックします。


3.「Javaを有効にする」、および「JavaScriptを有効にする」にチェックを入れます。


4.「コンテンツ」ウインドウを閉じます。

--------------------------------------------------------------------------------


Safari 2.0の設定方法

1.メニューの「Safari」をクリックし、「環境設定」を選択します。


2.表示されるウインドウで「セキュリティ」をクリックします。


3.「プラグインを有効にする」と「JavaScriptを有効にする」にチェックを入れます。


4.「セキュリティ」ウインドウを閉じます。

カテゴリー別
  • コンビーズメール キャンペーン

ページトップへ

Copyright © Combz Inc. All rights reserved.